ランキングに参加中です♪応援クリックをいただけると
とても嬉しいです♪

人気ブログランキングへ

コスメ・スキンケア

クレンジングミルクの効果的な使い方と注意点

投稿日:

クレンジングミルクの効果的な使い方と注意点

メイクをしている女性にとって毎日のクレンジングは必須と言えるでしょう。

メイクをするのであれば、やはりクレンジングミルクできれいに落とすことが非常に重要です。

しかし、クレンジングは肌への負担が大きくなるので、特に敏感肌の人は肌への負担を極力抑えたものを使用したいと考えるでしょう。

クレンジングの中でも特にクレンジングミルクは肌への負担が最も低いと言われているため、敏感肌の人をはじめとして多くの人に選ばれています。

しかし、その分メイクが落ちにくいというデメリットもあります。

なので、効果的な使い方をしてメイクの落ちをよくしたいところです。

スポンサーリンク

クレンジングミルクは洗浄力は弱いが肌にダメージを与えない

まず、クレンジングミルクの特徴としては界面活性剤の配合量が少ないということが挙げられます。

界面活性剤とは、洗浄力を高める成分のことを指しますが、クレンジングミルクはこの界面活性剤の配合量が少ないという特徴を持っています。

界面活性剤は洗浄力を高めますが、肌が本来持ち合わせているバリア機能も損なってしまうので、肌トラブルの原因になる可能性があります。

配合量が少ないということで洗浄力は低くなるため、メイクを落とす力も少なくなりますが、肌への刺激は少なくなるといえるでしょう。

また、クレンジングミルクの落としすぎない特徴が肌にダメージを与えないメリットであるといえるでしょう。

洗浄力の強すぎるものを使ってしまうと、本来必要である油分も一緒に洗い流すことになり、洗い上がりがつっぱったり、かさついてしまう人も多く見られます。

洗浄力の弱いクレンジングミルクの効果的な使い方

クレンジングミルクは洗浄力が弱く、メイクがしっかり落ちないと感じる人もいますが、正しく効果的な使い方をすることにより、きちんとメイク落とすことができます。

使い方としては、まず最初に500円玉ほどのクレンジングミルクを手のひらに出しましょう。

両手を合わせてクレンジングミルクを少し温めます。

次に頬、額、鼻、口元の順番で優しくなじませていきます。

目元は最後にぬるのがポイントで、やさしく軽く押さえるようにしてなじませていきます。

洗い流すタイプのクレンジングミルクであるならば、少量の水もしくはぬるま湯を使い少しずつ丁寧に落としていきます。

もしも、ふき取るタイプのものであるならば、厚手の柔らかいコットンに水を含ませて軽く絞ったうえで、最初に目元をふき取り、それ以外の部分という順番でふき取っていきます。

クレンジングミルクを使う際の注意点はすぐに洗い流さないこと

クレンジングミルクを使う際には、注意する点やポイントなどが存在します。

これらをしっかり頭に入れることで、しっかりとメイク落とすことができます。

まず最初の注意点は、メイクが浮き上がるまで少し時間を置くということです。

あまりメイクが落ちないと感じる場合には、クレンジングミルクが十分に肌になじんでいない可能性が高いです。

肌になじむ前に流してしまえば、メイクを落とすことはできません。

肌になじんでメイクが浮き上がってくると、肌につけたミルクの質感が変わってくることがわかるでしょう。

しっかりとメイクになじんでから洗い流すことを心がけましょう。

スポンサーリンク


強いクレンジングが必要な場合はクレンジングミルクを使ってはいけない

次に濃いメイクや日焼け止めをつけた肌には向いていないということをしっかりと頭に入れておきましょう。

暑い夏には紫外線や日焼け防止のために日焼け止めを使う人も多いでしょう。

紫外線は一年中降り注いでいることから、毎日日焼け止めを使っている人も多いことと思います。

また夏の時期には、最初から SPF値やPA値の高いファンデーションを使っている人もいるかもしれません。

このようなものを使っている場合にはクレンジングミルクでは十分に落ちない可能性があります。

たとえ肌にやさしくても濃いメイクや日焼け止めがきれいに落ちなければ、肌にメイクが残ることとなり、逆に肌トラブルにつながる可能性があります。

もしも濃いメイクをしたり強力な日焼け止めを使用している場合には、洗浄力の強いクレンジングを使ってしっかりとメイクを落とすようにしましょう。

そしてアイメイクなどの通常のポイントメイクは、クレンジングミルクでは落とすことが難しいと言えます。

もしもクレンジングミルクを使って無理に落とそうとすると、どうしてもその部分をごしごしとこすらなければならなくなり、肌には大きな負担をかけることになります。

そのため、ポイントメイクを落とすのであれば、メイク落としオイルやアイメイクリムーバーなどといったポイントメイクに特化したクレンジングを使って事前にポイントメイクを落としておくようにしましょう。

ポイントメイクをしっかりと落としたうえで、クレンジングミルクでベースメイクを落としていくと良いです。

まとめ

クレンジングミルクの商品の中には濡れた手で使うことができると記載されているものも多く見られますが、実は乾いた手で使った方がメイクが落ちやすいと言えます。

メイク汚れが肌に残るのを防ぐことができるため、できればしっかりと乾いた手で使うようにするとよいです。

このような使い方や注意点をしっかりと頭に入れて使っていくことで、効果的にメイクを落とすことができます。

スポンサーリンク

ランキングに参加中です♪応援クリックをいただけると
とても嬉しいです♪

人気ブログランキングへ

-コスメ・スキンケア
-, ,

Copyright© サカエルゾ〜 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.