ランキングに参加中です♪応援クリックをいただけると
とても嬉しいです♪

人気ブログランキングへ

生活と暮らし

エナジードリンクの効果的な飲み方-飲むタイミングと持続時間について-

投稿日:

エナジードリンクの効果的な飲み方-飲むタイミングと持続時間について-

最近では色々な種類のエナジードリンクが販売されていますが、飲むタイミングはその中に何が入っているかによって大きく異なります。

エナジードリンクにはカフェインやアルギニンなどが入っています。

それぞれの効果が出やすいタイミングで飲むこと、そして悪影響を及ぼさない飲み方が求められており、それぞれでベストな方法を模索したいところです。

スポンサーリンク

エナジードリンクを飲むベストなタイミングと効果が出始める時間

カフェインは覚醒作用があり、眠気覚ましとしても効果を発揮します。

眠くなったときにカフェインを摂取して元気を出す人は多く、トラック運転手などがこぞってエナジードリンクなどを飲んで頑張っています。

飲むタイミングとしてベストなのはまだ眠くならないけど、これから少ししたら眠くなるかもしれないというタイミングです。

具体的に挙げれば、食事後に飲むことがおすすめです。

消化をしている時などは人間は眠くなるもので、そのタイミングに合わせてカフェインを摂取することで眠さを抑えられます。

眠いから飲むのではなく、眠くなるかもしれないから飲むという感覚がカフェイン入りの飲料を飲む際には持っておくべきものです。

これから徹夜をする人、長時間勉強をする人にとっては多少だるさが出てきたとか、眠気を少し感じたというタイミングで摂取すると眠さでどうにもならないようなことは防げます。

効果を発揮するのは空腹時には30分程度、食事後なら1時間程度です。

普段から段々と疲れてくるタイミングを知っていればその時間に合わせてカフェインを摂取すれば問題ありません。

エナジードリンクを飲んではいけないタイミングと持続時間

カフェインは基本的に身体から排出、代謝されるまでは効果が持続します。

カフェインはだいたい12時間は体内に残り続けるため、敏感な人であればその時間は眠気が来ないということもあります。

裏を返せば、夕方あたりに飲むことはあまりおすすめできません。

場合によっては深夜まで残り続けてしまう恐れがあるため、身体にとっていい影響を与えない恐れがあります。

飲むとしても午後3時ぐらいまでにして、睡眠時間を十分に考えて飲むタイミングを考えることをおすすめします。

エナジードリンクに含まれる糖類はカフェインより若干早いタイミングで作用し始める

疲労回復に効果がある物質として砂糖があります。

疲労を感じる場面というのはエネルギーがあまりない状況です。

そのエネルギーは肝臓にあるグリコーゲンが供給しますが、底をついて供給しにくい状況になるとブドウ糖を供給源にします。

ところが、このブドウ糖すらない状況となるといよいよガス欠です。

だからこそ、人間は疲れると甘いものを求めます。

エナジードリンクにはカフェインだけでなく、糖類もかなり含まれています。

カフェインの覚醒効果だけでなく糖類の補給でエネルギーが注入されている状態です。

基本的に砂糖が作用し始めるのはだいたい30分程度、遅くても1時間は超えないタイミングです。

胃で消化されて小腸に届くとすぐに吸収されます。

カフェインと同じくらいか若干早いタイミングで作用し始めるため、飲むタイミングとしては眠くなる少し前に飲むのがおすすめです。

眠くなることは疲れが関係しており、その疲れを取りながら覚醒させて、シャキッとさせるのが大事です。

砂糖の持続時間はカフェインと違ってそこまで長くはないですが、血糖値の推移を見ればすぐに消化されていくことが考えられます。




エナジードリンクは昼寝の前に飲むと効果的

エナジードリンクのおすすめの飲み方としては、昼寝をする前に飲むことです。

昼寝を少しすることで数時間分の睡眠と同じような結果となって非常に効率的です。

長く寝すぎると逆に夜の睡眠に大きな影響を与えます。

そのため15分程度で起きられるような形が理想的です。

昼寝の時間を逆算してそのタイミングに合わせて飲むのがおすすめです。

すると身も心もリフレッシュした状態で仕事に臨めます。

また勉強している人にとってもスイッチを切り替えられ、再び勉強に取り組んでいけます。

車の運転中に飲むエナジードリンクの注意点

ドライブ中にエナジードリンクを飲むのもおすすめです。

特に渋滞しているような時に飲むと睡魔が襲う心配もなく、慌てて運転してぶつけるようなこともありません。

注意しておきたいのはカフェインの利尿作用です。

摂取することでトイレに行きたくなり、渋滞中では眠気こそ吹き飛んだものの、それどころではないような状況に追い込まれる場合も考えられます。

渋滞の状況やサービスエリアの状況などを見た上で大丈夫そうなタイミングで飲むことも必要です。

エナジードリンクは無計画に飲むものではなく、計画性がある中で飲むことで最大限にその威力を発揮させることができます。

まとめ

眠くなるのを避けたいからといって、テスト前にエナジードリンクを飲むことや会議の前に飲むことはあまりおすすめできません。

トイレに行きやすくなり、周囲に迷惑をかけて中座することになってしまうからです。

そうした時はノンカフェインのエナジードリンクを飲むなどして対応し、糖分が補給できるようにしておけば大丈夫です。

ノンカフェインであれば寝る前でも飲めます。

またカフェインの含有量がかなりあるものなどは飲みすぎると健康を害する恐れもあります。

適量を守った上で摂取することをおすすめします。

スポンサーリンク

ランキングに参加中です♪応援クリックをいただけると
とても嬉しいです♪

人気ブログランキングへ

-生活と暮らし
-, ,

Copyright© サカエルゾ〜 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.